白猫etc.ねこせとら

白猫プロジェクトを中心にゲームの攻略や検証をやってます。コメント返信の通知機能はないですがお返事はしてますので、ご感想・ご質問等お気軽に頂けると幸いです。

【艦これ】2019秋イベ日記! E-6甲戦力ゲージ削り! 理不尽な虚無削り運ゲーにワイ提督無事に轟沈。激闘!第三次ソロモン海戦【進撃!第二次作戦「南方作戦」】

いやね、友軍のおかげでほんの少しマシになってるのはわかるんですけどね。



というわけで、見事に初の大規模海域、その最終海域甲の洗礼を受けたワイことホマレです。
燃料もバケツもほとんど空っぽになるまで粘りましたが、その後のギミックやラスダン考えると難易度落とした方が身のためかも、今回のイベントはまた今後の教訓にするとしよう、なんて考えはじめましたが、
ひとまずここまでのプレイ模様を書き残しておきます。

(※攻略情報はぜかましねっと艦これ!さんと艦これwikiのイベントページを参考にしています)



戦力ゲージ削り


水上機動部隊、戦艦+軽空母3隻まで、正規空母0、秋津洲改or明石改入りで、

B(潜水)→D(通常)→K(夜戦)→S(通常)→W(ボス)

というルートを辿ります。

Bマスは潜水新棲姫を含む潜水艦5隻編成、
Kマスは軽巡ヘ級改flag、ツ級flagと後期型駆逐艦(elite含)合計6隻との夜戦、
Sマスはネ級改×2を含む6隻、
と事故マスのオンパレード。(Dは癒し)



ボスマスは随伴に戦艦水鬼改と重巡ネ級改が2隻ずつという、やり過ぎにも程がある高い、もとい硬い壁が立ちはだかってます。
これにより夜戦の攻撃がボスに当たる確率が1/5とか1/4になるのがデフォルトです。
当然の如く火力も高いのでこちらの艦隊もバンバン大破します。


結果、的が減らずに手数は減るので、

まともにボスを削れなかったり、


普通にバンバン敗北します。コレも心が折れる要因よね。。

大破艦がたくさん出るので修理費もかさむ。バケツも減る。

たまに運がいいと、ゴリっと削れることもあります。これはカットインが2回発動して、昼で特攻戦艦が刺さって水鬼を減らせたことと、夜戦でカットインが1/4を引いてボスにヒットしたというラッキーの結果ですね。



こういうことを繰り返しながら、護衛退避や場合によってはダメコン、泊地修理も使いつつ到達率を上げて、地道に削りつつ、もちろんキラ付けもその都度やりつつ、たまに出るラッキーパンチをお祈りする。

というのが基本的な攻略法になります。
出撃回数と大破率、そしてもちろん支援艦隊は両方出す関係上、コストがものすごーく重い……。


ホマレの出撃リザルト

出撃25回中、↑コイツの顔を見れたのは12回。
12回のボス到達で削れた総HPは2475で、半分にも届きませんでした。


ボス到達回数での平均では1戦200ダメを与えられていることになりますが……、
出撃総数で見ると1出撃100も行ってない惨状。

度重なる大破撤退やキラつけのやり直し、本隊+支援艦隊への補給、基地航空隊への補給、そして大破艦の修理の結果、




こんなグロい状態になっちまいました。削れてないわけじゃないから、資材と時間が足りればあるいはクリアまで粘れたかもしれませんが……残り4、5日ほどでは望み薄かな、と。。


編成




編成と一緒に考えたことをすこし記しておきます。

第一艦隊

ネルソン未入手なのがまず何よりも痛かった。
ので、最初はコロラドを使って霧島・比叡とのタッチ発動を狙う編成にしていました。
が、コロラドタッチはネルソンタッチと比べて発動条件が厳しい(3隻とも小破以下)、ネルソンタッチより倍率が低い、という欠点があります。

実際、ボスマスでの発動はほぼ絶望的、Sマスで発動しても有効打になるかはお祈りでした。

ならば特攻艦1隻増やしてついでにタッチ分のコストを減らした方が有効なのでは、と金剛お姉さまを採用。
タッチ未発動時のコロラド編成と比べると有効打になりうる手数が増えるため、ほんの少し敵に砲撃が刺さる頻度が増えたような気がしました。



秋津洲には最初、回避目的の缶タービンを載せていましたが、あまりにも削りが進まないので泊地修理を視野に修理施設を積みました。
制空はすずくま瑞雲で良いので、そこを気にしなくて良いのだけがこのマップ唯一の救い。。


第二艦隊

こちらで痛恨だったのは、前段で暁や夕立に札をつけてしまったこと。
また時雨も、直前のE-5で切ってしまっていました。
特攻艦で頼れるのは衣笠・雪風・綾波のギリギリ3隻のみ。あとは非特攻だけど先制雷撃とカットインが少しは刺さる可能性のある北上さま(上三隻には劣る)。


第一の金剛と合わせて、強友軍のほとんどを弾いてしまう編成になってしまいましたが、どんな友軍が来ようと、削り段階では結局「ボスに何発当てられるか」なので、割合でも良いから当ててくれる可能性があるならOKと割り切り。


いつも便利な阿武隈は特攻なしゆえにパワー不足なので予備の電探を載せつつ、朝潮と共に対潜に回しました。
途中でダメコン探照灯も検討しましたが、大型持ってないし安定しなさそうだったので1〜2回出撃して止めることに。穴女神が載ってるのはその名残ですねw


結局ウチの戦力では甲の随伴を落としてる余裕がない(落としてる時もあったけどその分ボスへのダメージが低くなる傾向にあった)ので、1発が入るか祈りつつ最悪カスダメでも入れば喜ぶ感じで進めていたのでした。


基地航空隊



基地航空隊の派遣は多分スタンダードな感じに。
陸偵1+陸攻3あるいは陸攻4をボスマスに集中。
駆逐の数を減らしとPT潰しをしてくれれば上々。

残りの1部隊は対潜用にしてBマス集中。
有効な対潜機が少ないので陸偵も入れてごまかしてます。
東海4の部隊を作れる人ならもうちょい本隊を強くできたのかな……?


このあとどうする?

残りゲージは半分ほど。
しかし残り期間は5日もない程度。資材も尽きています。

ゲージを削り終えたとしてもまだギミックに沼要素があり、
そして何よりラスダンもお祈りゲーになることは間違いなく。

悔しいですが、どう考えても甲のまま残り期間内で完走できる状況ではないと思います。

今回のイベントは甲と乙の難易度差が開きすぎている、とのことなので……、
やはり残り期間で資材を少し回復させつつ乙での完走を目指すのが最善なのでしょう。
うまくいけば堀もすこしはできるかもですし。


というわけで、初の甲フィニッシュは諦め。
大規模最終海域甲の洗礼を味わった、ある意味で勉強になったと考えて、難易度を下げてクリアしたいと思います。


というわけで、次回の攻略日記はE-6乙の戦力ゲージになります。
悔しいですが、仕方ないですし、早く楽になりたい感も正直あるので笑
次のイベントではまた、甲作戦に挑めたらな、と思います。

……それにしても、甲種勲章いっぱい持ってる人ってすげぇんだなぁ。



というわけで今回は、「E-6甲戦力ゲージが想像以上にキツかった件」というお話でした。
ネルソンや夕立がなくても一応このくらいの戦いはできるんやでー、って言う目安の一つにでもなればいいな、と思います。


本記事シリーズはのんびり攻略のただの覚え書きですが、ひとつの例としてもしも誰かの参考になったりすることがあれば幸いです。
また、「ここおかしいよ!」みたいな指摘とか、攻略へのアドバイスとかありましたらコメントやTwitter、ブクマなんかでお知らせいただけるとすごく嬉しいです。