白猫etc.ねこせとら

白猫プロジェクトを中心にFate/Grand Order(FGO)やバクレツモンスター(バクモン)、艦隊これくしょん(艦これ)、白猫テニス(白テニ)などについて。

【FGO】「徳川廻天迷宮 大奥」2日目! 第二層のシナリオ最短ルートなど。


というわけで大奥イベント2日目です。
ひとまず第二層の最奥までたどり着いたのでルートについての情報など、書いていきたいと思います。





第三幕、すなわち第二層のストーリーは「不誠実の道」というタイトルですが、
そのタイトル通り、この階層では「前に進もうという気持ちに従うほど行き止まる」「前に進もうという気持ちに嘘をつくような道筋を選ぶと良い」という法則があることが明かされます。
概ね、昨夜の逆ですね。

つまり、マイナスイメージな言葉や進みにくそうなイメージの名前が付いている道が最短ルートです。


以下、ルートについて詳述。単純にルート情報だけ欲しい方は、記事の最後の方にまとめるのでそちらをご覧ください。





「戸の固い座敷」と「矢印が描かれた座敷」では「戸の固い座敷」を選択。





次の4分岐「宝のある座敷」「行き止まりの座敷」「開け放たれた座敷」「窮屈そうな座敷」は「行き止まり」と「窮屈」で迷いますが、ここは「窮屈」が正解。



続いて「通行止めの座敷」(分岐なし)があり、





「招き猫の座敷」と「猫除けの座敷」では「猫除け」、





千客万来の座敷」と「一見さんお断りの座敷」では「一見さんお断り」を選ぶと、



続いて分岐なしの「蒸し暑い座敷」が出てきます。





次いで「座布団だらけの座敷」と「屏風だらけの座敷」では、物理的に邪魔な「屏風」が正解。

ちなみに主人公が取ったこの部屋への対応がこちら。実にシンプル。今回、こういう雰囲気の描写多いような。がっかりアトラクション的な…笑



その次に出てくるのは「箪笥だらけの座敷」。

主人公の対応も同じパターンか、と思いきや、


そんなチートは許されなかったようです。(戦闘が発生)






「普通の座敷」「安全な座敷」「危険な座敷」は当然「危険な」を選択。





すると、次に分岐なしで「胡散臭い座敷」、さらに「取っ手のない座敷」。





続く「五月飾りの座敷」「動く畳の座敷」は「動く畳」。ゲームでよくある動く床みたいなやつのようです。






最後に、「悪だくみの座敷」。ここで発生する戦闘は、それまでのものよりちょっとだけガチです。




敵のHP16.5万、開幕にカードバフ&デバフ(BダウンAQアップ固定??)を付与されます。でバフをかけられたカードの火力はけっこう下がるので注意。

これを突破すると、第二層踏破です。


正解のものだけまとめると、

戸が固い座敷
→窮屈そうな座敷
(→通行止めの座敷)
→猫除けの座敷
→一見さんお断りの座敷
(→蒸し暑い座敷)
→屏風だらけの座敷
(→箪笥だらけの座敷)
→危険な座敷
(→胡散臭い座敷→取っ手のない座敷)
→動く畳の座敷
(→悪だくみの座敷)

となります。
一部悩ましいものもありますが、多くは法則からなんとなくイメージ出来るものとなっています。
これは、第三層でも何か法則がありそうですね。


【他の層のルート情報記事】
第一層
第三層
第四層
第五層