白猫etc.ねこせとら

白猫プロジェクトを中心にゲームの攻略や検証をやってます。コメント返信の通知機能はないですがお返事はしてますので、ご感想・ご質問等お気軽に頂けると幸いです。

【白猫】茶熊ルウシェのパラメータ調整前後比較! ほぼ火力に特化した調整! 対単体も強くなって再び前線へ……!

昨日の凱旋ガチャ第4弾とともに、対象キャラの一部にパラメータ調整が実施されました。
その中から、今回は茶熊ルウシェ(輝)のパラメータ調整についてご紹介します。



アラストルによる遠距離からのドレイン+即死回避に2枚バリア、ルーンセイバーゆえのアクションの優秀さから耐久や快適性に抜群の安定さがあり、S2も移動操作ビームと同性質のものと、とても扱いやすいキャラだった茶熊ルウシェ。
スカルマグナとの相性も良く、安全性と超火力を使い分けられるキャラとして私も愛用しておりました。


そんなルウシェが、今回の調整でどのように変化したのか。
性能と火力の調整前後の比較を見ていきましょう。





オートスキル変化

調整前


調整後


変わった点は、

・通常攻撃ダメージの強化値が「+150%」→「+350%」に大幅強化
・アクションスキル強化の効果値が「+150%」→「350%」に大幅強化
炎属性ダメージの強化値が「+300%」→「+350%」に微増
・アラストル召喚中の攻撃・防御・会心の強化値が「+200%」→「+350%」に大幅強化

……以上です。


効果内容は据え置きですが、各強化の効果量が大幅にアップ。
ステータスの大幅向上が特に嬉しいですが、アラストルを維持しづらい(解除される)環境だと大幅にステータスが下がってしまうことにもなるので、そこは注意しておきたいです。



アクションスキル1「顕現セシ保険ノ魔神」消費SP40

調整前


調整後

効果内容に変化なし。


元々アラストル召喚&バフ用という面が強かったためか、特に変化はないようです。
ちなみに、攻撃力+150%と攻撃速度+50%は味方にも効果があります。


アクションスキル2「病魔ヲ祓ウ魔神ノ嵐打」消費SP52

調整前


調整後


変わった点は、

・「同じ個体への物理ダメージが徐々にアップ(最大700%)」という効果が追加

……以上。


1項目だけながら、火力アップに対して大きな効果がありそうなモノが付きました。
拳ルウシェの調整時にも似たようなものがついていましたね。
スキルのモーションやモチーフ武器の効果など、以前は多数の敵を殲滅する戦いが得意だった印象のあるルウシェですが、
環境に合わせてか対単体ボスに火力を発揮するような効果になっています。


ステータス・ダメージアップ系ASの強化とS2への火力アップ効果の付加。
ほぼ火力のみを上げに来たような調整ですが、果たしてその火力は如何に……?


火力等の検証

というわけでここからは、実際に使用した場合の火力等の変化についてみていきます。(※練武室で試し撃ち)

装備

装備は以下のものを使用します。

定番装備にルウシェ餅を装備。
この武器も相当息が長い良武器ですが、2020ネズミ狩りみたいなクエストに連れて行く場合、まだまだお世話になるんだろうなぁと思いつつ。


S1の火力

調整前

調整前のS1の火力は、物理6607.9万+炎497.4万でした。(参考値)


調整後の火力と回復量は……、


調整後

調整後のS1は、火力が物理1.3億+炎663万まで上昇しました。(参考値)


サポート型S1火力としてはまずまず。
属性の伸び方もいい感じです。

さて、次がある意味本番ですが……。


S2の火力

調整前

調整前のS2の火力は物理1.2億+炎1014.9万でした。(参考値)



調整後は、同じ敵に複数当てることで火力が上がるようになっているので、1発目と2発目の火力をご紹介します。

調整後の火力は……、


調整後

1発目

調整後のS2火力・同一個体への1発目のダメージは、物理3億+炎1236.4万まで伸びました。(参考値)


さらに、同じ個体にもう一度撃ってみると……、


2発目

調整後のS2火力・同一個体への2発目のダメージは、物理4.5億+炎1236.4万まで上昇!(参考値)

充分に最前線に出られる火力です。
同一個体へのダメージアップが予想以上にデカいので、ボスに殲滅にとまた活躍できそうですね。

なお、3発目以降はほぼ火力が横這いだったので、2発目で火力補正はMAXになるものと思われます。



変化点まとめ

オートスキル:
・通常攻撃ダメージの強化値が「+150%」→「+350%」に大幅強化
・アクションスキル強化の効果値が「+150%」→「350%」に大幅強化
炎属性ダメージの強化値が「+300%」→「+350%」に微増
・アラストル召喚中の攻撃・防御・会心の強化値が「+200%」→「+350%」に大幅強化

S1:
効果内容に変化なし。

火力変化
物理6607.9万+炎497.4万→ 物理1.3億+炎663万


S2:
・「同じ個体への物理ダメージが徐々にアップ(最大700%)」という効果が追加

火力変化
物理1.2億+炎1014.9万(調整前)
→物理3億+炎1236.4万(調整後・同一個体1発目)
→物理4.5億+炎1236.4万(調整後・同一個体2発目)


以上が茶熊ルウシェのパラメータ調整前後の変化になります。


もとから優秀だった快適性や耐久力、S2モーションによる殲滅のしやすさは残しつつ、
火力に特化した調整で一線級の火力を取り戻した茶熊ルウシェ。
複数相手も単体相手も強くなっているので、活躍の場がまた増えてくるかもしれませんね!



というわけで、今回はパラメータ調整された茶熊ルウシェについてのご紹介でした!
何かおかしいところとか、これ検証して!みたいなのがあればコメント・Twitter・ブクマなどでお知らせいただけると幸いです。





ブログランキング参加中です。もしよければクリックをお願いいたします!
↓↓↓

ゲームランキング


ブクマ・コメント返信コーナー

id:yumona44
ありがとうございます!
ルウシェはスカル適正がかなり高いと思うので、火力が必要な場面ではスカルルウシェの活躍にも期待できそうですね!