白猫etc.ねこせとら

白猫プロジェクトを中心にFate/Grand Order(FGO)やバクレツモンスター(バクモン)、艦隊これくしょん(艦これ)、白猫テニス(白テニ)などについて。

【白猫】弓ルウシェの性能や火力まとめ! 爆速ドレイン×HPバリアで高耐久なロングレンジアタッカー!!

こんばんは、ホマレです。
ひさびさの新キャラ紹介記事!
ということで、本記事ではWOGルウシェ(弓)についてご紹介していきます。


スキル性能

ルウシェの各種スキルについて、順番にみていきます。

リーダースキル「贖罪の聖女の祈り」


パーティの移動速度と攻撃速度がアップ(効果値30)

全員の移動&攻撃速度が30%上がります。
安定の強スキルで、汎用性も抜群に高いです。
最近は同じ効果のものを持っているキャラも多いような気がしますが……、
とりあえずリーダー適性はあると言っていいでしょう。

AS1:移動速度+50%、防御+250%、ステータスダウン無効

無条件でステダウン無効!!
これでわさびも怖くない!(※解除は受けます)

移動速度は最低限ですが、リーダー時は+80%になります。物足りなければ装備で補いましょう。

防御+250%が付いていますが……、
特に装備を意識しなくても被物理ダメ9割カットに届くのは便利かもしれません。
やや過剰気味ですが、タウンがあまり育ってなくても一定の耐久を確保できる……かも?

ただし、弓ルウシェの耐久力のキモはもちろん他にあります。

AS2:チャージ時攻撃・会心+350%、炎属性ダメージ+200%

チャージを伴う攻撃を行う時に火力が大幅に上昇します。

チャージ時限定ですが会心+350%あるので、ステータス画面の会心値が1111ほどあれば会心値が上限の5000に到達します。

会心が5000あれば、
会心ダメージ+150%&クリティカル発生率80%!
リアーナの首飾りを装備するとクリティカル発生率95%!!

火力の安定につながるのでなるべく狙いたいところ。


AS3:アラストル召喚中、通常攻撃のダメージ・アクションスキル+500%、チャージ時間-50%

恒例の召喚時スキル。解除環境以外ではほぼ無条件と同等と言っていいでしょう。

通常攻撃とアクションスキルの効果が大幅にアップ。
つまり、アラストルがいないと火力や回復力が激減します。アラストルは常に維持したいところ。

チャージ時間半減も付いてるので、装備次第では爆速チャージが可能です。
が、ぷにコン長押しでアラストルがたくさん光弾を出して攻撃・ドレイン・SP回収を行ってくれるため、必要かどうかは状況によるでしょう。

AS2がチャージ条件なので、とっさにS2で逃げつつ攻撃するようなシチュエーションではかなり役立つスキルですね。

アクションスキル1:「穢レナキ贖イノ洗礼」消費SP35

敵に炎属性ダメージを与え、30秒間敵を閉じ込めることがあるフィールドを設置する。<仲間への付与効果>
攻撃力UP(60秒/150%)
攻撃速度UP(60秒/50%)<自分への付与効果>
アラストル召喚(60秒)
回復力UP(60秒/50%)

※アラストルは通常攻撃かぷにコンを長押しすると攻撃を行う。
※アラストルの攻撃は敵の体力を奪う。

召喚やバフに加えて、射程の長い閉じ込めフィールド付きの攻撃を行います。

射程がものすごく長いので、当たればかなり遠くの敵も閉じ込めることが可能。
ルウシェの攻撃は全てが超射程なので、ステージの形によっては遠くから一方的に攻めることができます。


もう一つ注目したいのは「回復力UPバフ」。
まどマギコラボでさやかが実装された時に少し話題になったのですが……、




「回復力UPバフ」はハンディキャップや高難易度などの「HP回復量減少」を無効化することができます。
回復力UP分で減少分を打ち消すわけではなく、完全に無効化した上で回復力UP。
つまり、「回復力50%UPバフ」なら、回復量減少クエストでも「通常クエストと同様の回復量+50%」になります。

これが今回も有効であれば、
「高難易度においても高い回復力を維持可能」という、ルウシェの更なる高耐久要素が発揮可能です。


と、いうわけで14島の「超難しい」で実験。
バロン道場での回復量と比較します。




……残念ながら、回復ダウン無効とはいかなかったようです。
細かい計算は省きますが、ハンディキャップの×0.1(10%)に+50%を足した×0.6の回復力になっている模様。
それでもだいぶ緩和されるので、かなり有効なバフだと言えるでしょう。


アクションスキル2:「罪食ラウ聖霊ノ光」消費SP55

敵に炎属性ダメージを与える。
※敵との距離が離れるほど物理・属性ダメージアップ(最大750%)<付与効果>
アラストル召喚(60秒)
HPシールド(60秒/15%消費/7回)

※アラストルは通常攻撃かぷにコンを長押しすると攻撃を行う。
※アラストルの攻撃は敵の体力を奪う。

光弾を乱射する、これまた射程の長い移動操作スキルですが、
「敵との距離が離れるほど火力アップ」の特性が付いています。
倍率は物理・属性ともに+750%とかなり高め。
とことん遠距離戦にこだわった仕様になっています。


そして、HPシールド。




エレメージュが持っていたヤツですね。
展開中、どんな高いダメージを受けても、自身のHPの15%分に変換されて耐えられる回数が増加します。
逆に、たとえ1ダメージであっても15%に変換されてしまうので、多段する攻撃には注意が必要。

エレメージュはある程度近接戦闘が必要だったのでリスクも大きかったですが……、

ルウシェの場合、遠距離からの攻撃で完結できます。
加えて、ドレイン等の回復でHP15%以上回復できれば被弾分を取り戻せるため、定期的に貼り直しつつアラストルの長押し攻撃で回復すれば、
非常に粘り強く戦うことができると思います。


火力検証(練武室試し撃ち)

実装直後に練武室で試運転してきました。
ルウシェは11凸。タウンは攻撃+232.5%、会心+181.5%です。

装備

ヒット数が多いのでナハトドンナーの発動は速いかなと思います。
遠距離から火力を出すキャラなのでキングクイーン石板で水増し。

アクセは安定の組み合わせですね。
クマのぬいぐるみは陸の霊宝(会心ダメージ+30%)でも良いと思います。

武器は……、




ジュダ餅がたいへん相性がいいです。
HPリジェネによる回復力水増し(HPバリアの補助)、移動速度アップ、即死回避、更には距離による火力補正+200%とルウシェと相性の良い効果目白押し。

ただし、状態異常耐性はないので、対策が必要なステージでは適宜装備を調整しましょう。(※ステータスダウン無効では状態異常は防げません)

スロットはリジェネ効果を発揮しやすくするためにチャージ短縮にしていますが、会心ダメージアップで火力に特化させても良いかもしれません。


火力・HPバリア実験動画


距離を離してS2フルヒットの火力が4億ほど。
良い数字が出ています。
HPシールドですが、リジェネとドレインを使えば回復は間に合いそう。
……ですが、例えば協力☆21ほんわか天王斬のように多段攻撃が苛烈なところでは流石につらいと思われます。


同じ装備で、近距離から撃ったり、近づいたり離れたりした場合の火力です。
だいたい2億〜4億の間のブレ。
かなり大きいですが、今回のルウシェは距離補正特化の装備をしているため、クイーン石板を女型やイシュクルに変えるなど、装備を変えればもう少しマシになると思います。


遠距離特化できる場所では遠距離特化装備、
ミドル〜ショートレンジで戦う必要があるなら通常の火力装備、
状態異常が厄介な場所ではアクセで補うかエリス餅を使うなど、クエストに合わせて装備を選んであげたいですね。



というわけで、今回はThe World of
Guilty IIで実装の弓ルウシェについてご紹介しました!
何かおかしいところとか、これ検証して!みたいなのがあればコメント・Twitter・ブクマなどでお知らせいただけると幸いです。





ブログランキング参加中です。もしよければクリックをお願いいたします!
↓↓↓

ゲームランキング