白猫etc.ねこせとら

白猫プロジェクトを中心にFate/Grand Order(FGO)やバクレツモンスター(バクモン)、艦隊これくしょん(艦これ)、白猫テニス(白テニ)などについて。

【白猫5周年】双剣シズクパラメータ調整!HPリジェネ獲得や反撃回数増加に火力やオートスキル大幅改造で火力・耐久とも前線クラスに復活! 武者にしか効かなかった特攻も相手を問わなくなりました。

こんばんは、ホマレです。
出掛けてたり体調を崩してたりで少し空いてしまいましたが、ゆるりと再開。

白猫5周年イベントは……あまり書きたいことないかなぁ、という感じ。
思ったよりいろいろと微妙だったな、という感想に留めておきます。
HELLはないけど、なんか面白そうなクエストがあればネタにするかも。



さて、今日は双剣シズクのパラメータ調整が来ましたね。
長い間影がうすい時代が続いていましたが、ここに来てようやくの強化!
実装当時の強さを知っているので、また強くなってくれていると嬉しいですね。


というわけで、今回は双剣シズクのパラメータ調整についてご紹介します。

※7/20追記:動画も作りました。




元祖・操作可能な遠距離攻撃キャラとして実装され、当時は壊れキャラとして活躍してくれました。
今ではほぼ使い道がないに等しい「武者特攻」も当時はそこそこ出番があったり。


今回の調整で、火力の超大幅上昇、オートスキル無条件化、会心や通常ダメージなど多数の火力要素増強、一部状態異常無効、HPリジェネなど、かなり大きな強化をもらいました。

一方で、パラメータ調整で変わらないモーションが現環境では微妙だったり、緩和はされたものの被弾による専用強化の解除が残っていたり不便なポイントも。

強く使いやすくなった部分と、使いづらさが残ってしまった部分がある印象ですが……?


それでは以下、双剣シズクのパラメータ調整、その詳細についてご紹介していきます。




オートスキル変化

調整前


調整後


変わった点は、

・アクションスキル強化が無条件化、かつ効果量が「最大+50%」→「+350%」に大幅増加
・無条件の「通常攻撃のダメージ+350%」が追加
・無条件の「感電・封印・呪い・気絶無効」が追加
・攻撃アップが無条件化、かつ効果量が「最大+160%」→「+250%」に増加
・無条件の「攻撃・会心+250%」が追加
・「スキル使用時消費SP-10%(上限5回)」が削除(その代わりにスキル自体の消費が26〜27%減)

……以上です。


昔のキャラだけあって流石の変化。
即死回避は普通の即死回避のままでしたが、ほかのASに便利で強い無条件効果が盛りだくさんです。

攻撃・会心が無条件で上がるのがいいですね。シズクはさらに、専用の付与効果「明鏡止水」で攻撃・会心・その他諸々が強化されます。

スキル強化が無条件なので、被弾してもHPリジェネの回復量が落ちないのも嬉しいところ。
状態異常も自前である程度対策できています。


アクションスキル1「神気・夢幻竜泉撃」消費SP21

調整前


調整後


変わった点は、

・消費SPが「29」→「21」に減少
・攻撃バフの効果量が「+50%」→「+100%」に増加
・HP自動回復が追加
・自動反撃が「明鏡止水」に含まれなくなった
・自動反撃が2回に増加
・「明鏡止水」の具体的な効果量が明記された(強化値自体も上がっている……?)
・「明鏡止水」の「攻撃を受けると解除」が「自動反撃を2回発動すると解除」に変更された

……以上。


HPリジェネの追加や攻撃バフの強化、反撃回数の増加など、かなり便利になっています。

バリアと反撃を両方展開している場合、被弾時には反撃から先に消費され、反撃が残っている間はバリアが消費されません。
双獣の石板を装備していれば反撃+バリアで最大4回まで敵の攻撃を受けることが可能。
即死回避+リジェネもあるため、かなりの耐久力を手に入れました。


明鏡止水は60秒で切れるんだし他のキャラの専用強化と同じく被弾しても解除されないようにして良かったような気もしますが……、
非常に低燃費で掛け直しがしやすいのでそこまで気にならないかもしれませんね。



アクションスキル2「神気・鏡花吟風刃」消費SP48

調整前


調整後


変わった点は、

・消費SPが「65」→「48」に減少
・水属性ダメージを与えるようになった
・「武者へのダメージ+150%」が撤廃され、「明鏡止水効果中、物理・属性ダメージ+300%」に変更
・移動速度バフの効果時間が「30秒」→「60秒」に延長
・スキルダメージバフの効果時間か「30秒」→「60秒」に延長、さらに回数無制限化

……以上。


「明鏡止水」が発動していれば、相手が武者じゃなくてもダメージアップするようになりました。
元々特攻の範囲が狭過ぎたので納得の強化。
「魔族特攻」に変わるかな? とも思っていましたが、最近の環境に合わせてか種族に関係なく火力アップされるようになってくれました。



射程距離が非常に長く、遠距離から狙い撃てる反面、スキルモーションが長いのでDAに弱いです。
竜ネモに近い感じがしますが、あちらはプロテクションバリア、こちらはバリア+自動反撃2回。
そのかわりターゲット距離がネモS2より短く当てづらいように感じますが、スキル使用時の安全性はこちらの方が高いと思われます。


火力等の検証

ここからは、実際に使用した場合の火力等の変化についてみていきます。(※練武室で試し撃ち)

装備

以下の装備を使用します。(8凸、石板1枚)


調整前は会心に対する補正が皆無だったので、会心を大きく上げられる大王石板を使用しています。
EXルーンを使うなら、バリアを2枚にできる「双獣の石板」を採用するとより安全に。



S1の火力と回復量

まずはスキル1です。
「明鏡止水」は自動反撃を使い切ると解除されてしまうので、定期的に使用することになると思います。


調整前

調整前のS1の火力は物理108.2万+水8250
自動反撃のダメージは物理42.7万でした。(参考値)


調整後の火力と回復量は……、


調整後

調整後のS1は、スキル本体の火力が物理1.4億+水282.7万
自動反撃が物理1.1億まで上昇しました。(参考値)


リジェネ回復量はHP1650回復/4秒です。


元が元だけに猛烈に伸びました。
消費21でこれだけダメージが出るなら、掛け直しで頻繁に撃つことになっても継続火力に影響が出ることはなさそうです。

スキル時間が短いので場合によってはこちらをメイン攻撃にするのもアリかもしれません。
狙って当てに行くのはやや危険がありますが、自動反撃の威力も高めになっています。


古いキャラですがHPリジェネは今回から追加されたので回復頻度は4秒ごと。
即死回避ラインには充分足りる回復量なので、かけておけば4秒に1回復帰できます。

シズクはHPが減っても火力や回復力が落ちないので、即死回避さえ維持していればとりあえず安心です。


S2の火力

調整前

調整前のS2の火力は非特攻時で物理558.8万でした。(参考値)
※対武者の時の火力は撮り忘れ


調整後の火力は……、


調整後

調整後のS2火力は、物理2.7億+水317.9万まで伸びました。
これまたものすごい伸びです。シズク本人は無属性キャラですが、S2にも水属性が付いたのでそこそこの属性火力も出ています。


石板1枚でこの火力。
現環境にも充分付いていけるレベルの火力は手にしましたが……、

シズクのS2は、操作はできても移動はできません。スキル時間も長め。
加えて、操作はできてもビームではないため、広範囲に当てようと思っても隙間ができて結構外します。

リジェネ、反撃、バリアで安全性は高いですが……、現環境だとやや使いづらさがあるかもしれません。


変化点まとめ

オートスキル:
・アクションスキル強化が無条件化、かつ効果量が「最大+50%」→「+350%」に大幅増加
・無条件の「通常攻撃のダメージ+350%」が追加
・無条件の「感電・封印・呪い・気絶無効」が追加
・攻撃アップが無条件化、かつ効果量が「最大+160%」→「+250%」に増加
・無条件の「攻撃・会心+250%」が追加
・「スキル使用時消費SP-10%(上限5回)」が削除(その代わりにスキル自体の消費が26〜27%減)


S1:
・攻撃バフの効果量が「+50%」→「+100%」に増加
・HP自動回復が追加
・自動反撃が「明鏡止水」に含まれなくなった
・自動反撃が2回に増加
・「明鏡止水」の具体的な効果量が明記された(強化値自体も上がっている……?)
・「明鏡止水」の「攻撃を受けると解除」が「自動反撃を2回発動すると解除」に変更された

・火力等の変化
物理108.2万+水8250
自動反撃42.7万

→物理1.4億+水282.7万
自動反撃1.1億
HP1650回復/4秒


S2:
・水属性ダメージを与えるようになった
・「武者へのダメージ+150%」が撤廃され、「明鏡止水効果中、物理・属性ダメージ+300%」に変更
・移動速度バフの効果時間が「30秒」→「60秒」に延長
・スキルダメージバフの効果時間か「30秒」→「60秒」に延長、さらに回数無制限化

・火力等の変化
物理558.8万(非特攻)
→物理2.7億+水317.9万


以上が双剣シズクのパラメータ調整前後の変化になります。


とても古いキャラ特有の超絶火力アップ、
大幅に改造・追加された無条件のオートスキル群、
武者だけでなくどんな敵が相手でも機能するようになったS2の火力アップ、
無属性キャラなのに全ての攻撃に付いた水属性、
もちろん長射程遠距離攻撃も健在で前線級に帰ってきた火力性能
「双獣の石板」で耐久にも隙のない安全性能を発揮可能!



パラメータ調整で変更されないモーション部分を除き本当に強くなりました。
属性追加で無属性ゆえの欠点も感じにくく、なおかつシェリル餅の恩恵を受けられます。

スキル1にバリアと自動反撃とリジェネが詰まっているので、双獣の石板を使えばバリア2枚+反撃2回にリジェネ&即死回避の安全仕様に。


古いキャラゆえのモーションの扱いにくさはありますが、それを充分補える性能にはなっています。
「明鏡止水」が2回目の反撃発動(≒被弾2回)で解除されてしまうのと合わせて、補助スキルの掛け直しが多くなる部分は気になりますが、
立ち回りに慣れてしまえば戦いやすいキャラになっているんじゃないかな、と思います。



というわけで、今回はパラメータ調整された双剣シズクについてのご紹介でした!
何かおかしいところとか、これ検証して!みたいなのがあればコメント・Twitter・ブクマなどでお知らせいただけると幸いです。





ブログランキング参加中です。もしよければクリックをお願いいたします!
↓↓↓

ゲームランキング