白猫etc.ねこせとら

白猫プロジェクトを中心にFate/Grand Order(FGO)やバクレツモンスター(バクモン)、艦隊これくしょん(艦これ)、白猫テニス(白テニ)などについて。

【白猫】パラ調整で竜ゲオルグが超絶火力アップ! 竜キラー獲得で2億超のダメージ!!


本日より開催の「蒼空の竜騎士2」イベントの一環として、関連する過去キャラ全てに対するCC後パラメータ調整が入っております。
今回はかなりの魔改造になってるとのこと。


本記事では、「竜ゲオルグ」の調整前後の比較を行っていきます。
(他のキャラについては別記事にした上で、本記事の1番下にリンクを設置します。)


まずはオートスキル。


こちらが調整前のもので、



こちらが調整後です。
エクセリア同様、かなり魔改造されています。



特徴だったオートスキルがキャラ特性化しているのも同様。

オルグは攻撃力が自分だけで550%上がるようになってますね。なんというヤケクソ強化。でも防御+350%は過剰というか無駄なような気がするので、その分少しでも会心が欲しかったかもしれません。


エクセリアより控え目ですが、ゲオルグも通常攻撃ダメージ+300%の強化がつきました。バーストで火力が稼げるのはありがたいと思います。

そして、とても嬉しいバリア付き即死回避。
オルグはアクションスキルでも最大3枚バリアを張ることができるので、ちゃんとした回復手段さえあればかなりの耐久性を発揮できるかもしれません。スキルが操作不可かつ長いのが難点ですが……。


失ったものとしては、元々オートスキル2についていた「敵撃破時SP・HP3%回復」がなくなっています。
しかし、S2にHP回復とSPRアップ+3がついたので、そちらを代わりに、ということなのでしょう。
撃破が稼ぎにくい固い敵が相手のクエストだとこっちのほうが良いかも。



続いてアクションスキル。


[

調整前はこうでした。


調整後がこちら。





まずはS1。
「被物理ダメージ軽減50%」「ダメージバリア(2回)」に変更されています。
時代に合った耐久要素になったので、これだけでも大幅な強化といえます。被ダメ減なんてあったってデフォルトで防御4.5倍じゃなんの意味もないし


S2についてはスキル画面だけ見てもかなり改造されています。
まず、スキル画面に「ドラゴン系へのダメージ+1000%」の表記があります。
ドラゴンキラー自体はもともと持っていましたが、効果量が明示され、おそらく効果量自体も大幅にアップしています。
1000%アップといえば、エレメージュや今回実装された竜ナギで、種族特効と状態異常特効の両方が発動した状態と同等。これはすごい。

さらに、スキル発動時にHP回復が追加され、付与効果として「通常攻撃のSP回復量UP(60秒/+3)」が付くようになっています。
ただし、これは前述の通りおそらく撃破回復オートスキルの代わりに付けられたものだと思われます。
最近は固い敵が増えてきて、撃破による回復が難しい、追いつかないことも多いため、任意のタイミングで扱えるこれらの効果の方が最近の環境には合っていると思います。
が、もちろん場所によっては撃破の方が快適な場合もあるので、どちらが強いとは言えないところもあります。

付与効果から攻撃バフと移動速度バフが失われていますが、オートスキルでしっかり補ってるためこれによる弱体化はない(むしろ他のバフと被らない分強化まである)と思います。
他、バリア等付与効果の効果時間が30秒60秒に伸びているのはエクセリアと同様。



それでは続いて、実際にどのくらい火力が出るのか、調整前後の比較を見てみましょう。
4凸、EXルーン未使用のため装備はこんな感じ。

武器:正月エマ餅
練磨:攻撃+121、防御+25、会心+21、水+239
武器スロ:衰弱無効&チャージ時間-25%

アクセ:
リアーナの首飾り

石板:
女型の巨人


S1、S2、バーストの火力を見ていきます。
果たしてS2のドラゴン特攻+1000%の実力やいかに……?


対ドラゴンは2億超え。
圧倒的な火力強化です。元々サポート型のエクセリアに対して攻撃型のキャラとして実装されていたので、面目躍如といったところでしょうか。

S1の火力は60.1万+炎1万4832万+炎150.8万に。
S2の火力は277.8万+炎3.1万8706.9万+炎398.1万に。
バーストの火力は2476万1.88億に。

そして、ドラゴン系に対するS2の火力は2.37億+炎398.1万も出るようになりました。

※厳密な倍率や火力値は装備やタウン、会心の発生具合によって変動するので、あくまで参考としてご覧ください。
※調整前の対ドラゴンはやり忘れてました。ごめんなさい。


対ドラゴンの火力だけみれば、普通に最前線で強キャラとして戦えるレベルなので、ドラゴン系がたくさん出るところではかなり活躍できる可能性があります。
やはり予想以上の超強化……!

ただし、パラメータ調整ではスキルモーションまで弄られることはありません。
そのため、操作不可能なスキルは操作不可能のまま……ゲオルグのS2も、ひたすら突進していくだけのモーションのままで、操作なしにも変わりはありません、
豊富なバリア補助はありますが、DA飛び交う場所だと対ドラゴンでもさすがに厳しいかもしれません。
(逆にDAのない、少ないあるいはダメージを受けずにS2を叩き込む隙があるドラゴンが相手なら、ものすごく得意分野だと思います。一応S1もそこそこ火力あるし)


というわけで、この記事では竜ゲオルグのパラメータ調整についてご紹介しました。
なお、パラメータ調整はCC後のみ対応しておりますのでご注意ください。

他のキャラにつきましても、順次記事を書いていきたいと思います。
(なるべく急ぎますが、あまりにも数が多いので気長にお待ちください…w)
リンクはこの下にまとめます。


【蒼空の竜騎士2 関連キャラパラメータ調整の紹介記事】
エクセリア(竜)
セルジュ(竜)/セルジュ(槍)/モニカ
エクセリア(魔)/エクセリア(双)/エクセリア(斧)
ゲオルグ(斧)
シエラ(竜)/ナギ(斧)
シエラ(双剣)/シエラ(大剣)